金を買取する手続きに必要な書類

金の買取を利用する場合には、必要な手続きがあります。

ショップに直接持ち込みをする場合でも、身分証明書の提示を求められます。

・金の買取に必要な書類とは?

金の買取を利用する場合は、身分証明書が必要です。

これは金買取店に直接持ち込む場合もそうですし、宅配キットで郵送する場合は、身分証明書のコピーを添えて送ります。

身分証明書となるのは、運転免許証、パスポート、健康保険証、住民基本台帳カード(生年月日や氏名、住所記載のもの)となっており、日本国籍以外の人は外国人登録証明書が必要です。

本人確認書類がないと、金買取はしてもらえませんので必ず持参か、同封しましょう。

・未成年や代理人の場合

金の買取を利用したい人が未成年の場合は、法律での規制があるため、店に直接行く場合は保護者の同行、宅配キットの場合は保護者の同意書が必要です。

金の買取を利用したい本人が、ショップに行けないまたは、手元にないので代理人に依頼したい場合は、委任状、依頼した人の本人確認書類、代理人の本人確認書類が必要です。

代理人と名乗っても、委任状やそれぞれの本人確認書類がないと利用できませんので注意してください。

・まとめ

金買取は便利ですが、必要書類がないと利用できません。

ショップに直接出向く場合も、宅配キットで利用する場合も、本人確認書類を忘れると二度手間になるので注意してください。

古物営業法で決まっている事なので、これは何度利用しても、毎回本人確認書類が必要となります。